点前に必要な茶道具

茶道具としてまず必要なものは茶碗です。茶碗は唐物、高麗物、和物の3種があります。唐物は天目や青磁が有名で江戸時代に入ると染付け・赤絵が登場してきます。高麗物は李氏朝鮮時代(李朝)の製品で、室町時代に入って茶席に登場し、井戸や伊羅保などが知られています。和物と呼ばれているのは千利休の時代に唐や高麗の模倣でない、日本のオリジナルの茶道具として瀬戸や楽などが作られました。一楽二萩三唐津と呼ばれ、楽焼・萩焼・唐津焼が珍重されました。茶入れは濃茶の抹茶を入れる器のことで、濃茶に対し薄茶のときは棗・薄茶器といわれます。茶入れは仕覆という布に包んで使います。唐物茶入れは12世紀末に中国から渡来して室町時代に重要視されました。肩衝・なす・大海というようにさまざまな形が存在し、もうひとつの茶道具、棗は塗りの漆器で作られ、形がなつめの実に似ていることからその名の由来で、スタンダードな形は利休型中棗ですが陶器のものもあります。
茶道具買取なら【日晃堂】|どこよりも茶道具を高価買取